借金 過払い金 完済後でも請求可能!ただしデメリットもあり

給料ファクタリング 返せない 返済できない 払えない債務

過去に借金を完済したものの、実際に払いすぎていたのではないか?という疑問をお持ちの方も多いですよね。

そこで当サイトでは完済後の借金の過払い金の請求は可能ですが、デメリット面はないのか?という点についてまとめておきたいと思います。

ぜひ過去に借金を完済した方で、過払い金請求を検討している方は読み進めてみて下さい。

完済後の借金 過払い金のデメリットと注意点

借金 過払い金 完済後

デメリット

まずは結論から言いますと、

「過払い金請求をした貸金業者の利用ができなくなる」

です。

今現在も、その貸金業者を利用している方は注意が必要と言うことになります。

ただし、上記の過払い金請求をした貸金業者「以外」では、新規借入・新規カードの作成審査などには影響がないので安心して下さい。

注意点

完済済みの借金の過払い請求をするにあたり、時効制度があり注意が必要です。

時効は「完済してから10年」を過ぎると、完済済みの借金の過払い請求をすることができなくなります。

なので少しでも気になる方は、法律の専門家に早めに相談をすることが大切です。

まずは、気軽に無料相談からしてみるのが良いでしょう。

自分が払いすぎていたお金のことについて何が出来るのか、専門家に判断してもらい現状を知り、損をしない決断をしたいですよね。

相談無料の司法書士法人杉山事務所はこちら 

 

いかがでしたでしょうか?

完済後の借金に関する過払い金請求のデメリットと注意点についてまとめてみました。

ぜひ無料相談を利用して、現状のご自身の過払い金について知っておくと良いですよ。

あなたの大切なお金のことを知らないまま損をしてしまうのは、本当にもったいないですからね。

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました